情報商材のレビュー,評価,ランキングなら

Amazonとヤフオクについて

ネットビジネスでも成果が出るのが一番早いのがインターネット上での物販です。

 

では、広いインターネットのどこで売れば良いのか?それはかなり大事です。

 

 

インターネット上では多くの多くの販売プラットフォームがありますが、
集客にも強く初心者でも売るのが容易なのがヤフオクとアマゾンになります。

 

 

 

特にここ1〜2年ではアマゾンが取り組むのが非常に容易ということと集客に強いため
かなり稼ぎやすい市場となっています。

 

 

 

アマゾンがインターネットに出た頃はまだ古本屋さんという認識が一般的に持たれていましたが、
今では個人輸入でアマゾンで物を売る人がとても増えました。

 

 

 

それだけ注目されるようになったのは個人輸入で簡単に海外から仕入れることが
できるようなったからでしょう。

 

 

原理は単純でアマゾンと海外とで価格差のある商品で需要のある商品を仕入れて売るだけです。

 

 

 

またアマゾンの優れた点はセラー(販売者)を大きくサポートする体制が整っているのも大きな理由です。

 

 

物を売って発送するという手間を省くアマゾンの物流サービス(FBAといいます)や、
顧客サービスが素晴らしく整っており、セラーにとっては本当にやりやすいです。

 

 

 

 

 

ヤフオクはセラーが商品の写真を撮ったり、販売ページを作ったりする必要があり、
やや初心者には手間がかかることが多いです。

 

 

上手なセラーと差がつきやすいです。

 

 

 

 

 

アマゾンはあらかじめ商品ページが用意されているので、そこに出すだけで販売できてしまいます。

 

※ないものもありますが大口出品者であれば登録できたりします。(アマゾンには小口出品者と大口出品者というセラー形態があります。)

 

 

 

 

以上のことから、今からネット販売を始めたい初心者さんでもアマゾンで簡単に販売できます。

 

 

 

 

もちろんヤフオクにも良い面はあります。

 

 

 

アマゾンは売上の支払いが大口出品者ですと2週間置きにされるのに対し、
ヤフオクはお客さんが落札代金を入金したタイミングで決まりますので即金で収入にすることが可能です。

 

 

早ければ支払い完了後数分後とかも普通にあります。

 

 

 

 

収入の入るスピードが違いますね。

 

 

 

ですのでアマゾン、ヤフオク両方取り組むのが今のスタンダードな手法となっています。

 

 

 

 

お奨めは初心者のうちはアマゾンから始めても問題ないでしょう。

 

 

実際にはアマゾンだけで専業としている人もいるほどです。

 

 

慣れたらヤフオクと並行して販売すると収入の入り口を増やすことをお奨めします。

 

 

 

是非取り組んでいいただきたく思います。

 

 

 

 

 

最新の実践中商材!!


ホーム 管理人イチオシ情報商材 推薦無料レポート お問い合わせ 人気ブログランキング